ホームシェア(民泊)とは

それは新しい遊休資産の活用方法

「ホームシェア(民泊)」とは旅行などで部屋を利用しない期間中、自宅を旅行者などの第三者にレンタルするサービスで、海外では広く認知され、当たり前のように利用されているものです。旅行者はホテルに泊まるのとは一味違った「暮らすような旅行」を体験することができ世界中で人気が高まっています。またこのようなサービスは遊休資産の新しい活用方法としても注目を集めており、物件のオーナーは空室だった場所を貸し出すことで収益を得ることができます。日本でも、AirbnbやHomeAwayをはじめ、10社ほどがサービスを展開しています。

不動産オーナーへのメリット

空室対策 x 新しい賃貸経営スタイル x 収益アップ

mister suite(ミスタースイート) - Airbnbなどホームシェア(民泊)に特化したトータルサービス | 1月10万円の家賃収入に対して、1泊1万円で20日間稼働したとして20万円の宿泊収入を得ることが出来ます。

安価で滞在できるホームシェア(民泊)は旅行者に大人気!
家賃収入以上の価値が期待できるVR収入

  • mister suite(ミスタースイート) - Airbnbなどホームシェア(民泊)に特化したトータルサービス | 新しい空室対策

    新しい空室対策

    空室でお悩みの物件オーナーの方、賃貸需要とは異なるホームシェア(民泊)での集客をご検討してみてはいかがでしょうか。

  • mister suite(ミスタースイート) - Airbnbなどホームシェア(民泊)に特化したトータルサービス | 収益増加が高確率で見込める

    収益増加が高確率で見込める

    日本のホームシェア(民泊)需要は外国人旅行者を中心に高く、適切にマネジメントすることで安定して高い稼働率を維持する事が可能です。

  • mister suite(ミスタースイート) - Airbnbなどホームシェア(民泊)に特化したトータルサービス | 旅行者との交流

    旅行者との交流

    外国人や出張者など、ホストとして様々な人達との交流を持てることもホームシェア(民泊)ホストの醍醐味です。

まずは無料相談から!